tretre / トレトレ

おくむさし(釜炒り茶)

kamairicha

おくむさし  okumusashi


釜香とともに、甘みをふくんだうまみが多層にひろがります。

釜炒りの香味とともに、こっくりとした甘い香りと
深みのあるまろやかなうまみが広がります。
厚みのある味わいに、お茶一杯の満足を感じます。


<商品内容>
 ほうじ茶 (おくむさし:ツバキ科)

<賞味期限>
 1年間

<内容量>
 50g

<おいしい飲みかた>
 1.急須で
  茶葉5gに熱湯300mlを注ぎ、2分お待ちください。

 2.水出しで
  茶葉8gに水1リットルを注ぎ、ひと晩(5時間以上)
  冷やしてください。

 3.煮出しで
  水1リットルを沸騰させてから、茶葉8gを入れ、
  弱火で2分間煮出します。火を止め4〜5分おいて
  茶葉を取り出してください。

◆「釜炒り茶」について詳しくはこちらから。

●妊娠・授乳中のお客様は飲用をお控えください。



おくむさしは日本茶の中でも生産量が少ない品種で、
釜炒り製法となると、さらに希少な味わいとなります。

◆「釜炒り茶」について詳しくはこちらから。



ご注文をいただいてから、最終仕上げの追い焙じを行い、
香りとうまみをベストの状態にしてお届けいたします。



釜炒り茶は、煎茶より茶葉の一つ一つが大きいのが特徴。
茶さじではすくいにくいため、直接茶葉を手で取って
いただけるよう、茶袋は大きく開口する物を選びました。
チャック付きなので、使い始めてからの保存も安心です。

※g数の目安…女性の手でひとつかみが約5g。



まずは上記をめやすにお試しいただき、
あとはお好みで調整してください。
急須では、3煎ほどはおたのしみいただけます。



水出しすると、コクのある深みにくわえて、
シャープな味わいが引き立ちます。



釜炒り茶の香りとうまみは、料理の味を邪魔しないので
お食事どきにもピッタリ。
また茶菓とあわせてのティータイムや、お茶だけで
ひと息つかれる場面にもおすすめです。

なお、お使いいただくうちに香ばしさが薄れてきたら、
焙じ直し(から炒り)をおすすめいたします。
油気のないフライパンに茶葉を入れ、ごく弱火で、
菜箸でかき混ぜながら、香りが立つまで炒ってください。

型番 0552
販売価格
864円(税込)
購入数