tretre / トレトレ


 




1.ゆず - yuzu


 
 

「yellow」の名前は、ゆず玉の黄色から。
実が色づく季節は、紅葉とともに
ゆずの黄色い水玉模様が山にあらわれて
私達の目を楽しませてくれます。






実が成熟したころあいを見定めて
収穫されたものを地元から仕入れます。
採りごろは真っ黄色になってから。







皮をむきカットし、天日に当てて
乾燥を進めます。最後の仕上げは
乾燥機でグッと水分を抜きます。




<おもな効能>

血行促進、疲労回復、ほか



 




2.しょうが- ginger


 
 

ゆずとともに味わいのテーマが「しょうが」。
ゆずの酸味にピリッとアクセントを効かせます。






竹製の干し道具「えびら」に並べたところ。
空気のかわいた冬季を中心に
乾燥を進めていきます。







もちいるのは有機栽培されたもの。
とても手間のかかる栽培方法ですが、
味に独特の力強さがあるんです。




<おもな効能>

血行促進、免疫力向上、殺菌、ほか



 




3.秋冬番茶 - bancha





10月初旬〜中旬ごろに収穫・加工する
「秋冬番茶」をうまみのベースに選びました。
昔から仁淀では、花が咲く季節に採ることから
「花茶」という美しい名前で呼んできました。






上の写真はお茶の花です。
秋から初冬にかけて、
白くて可憐な花がお茶畑を彩ります。







天日干しの風景です。
収穫した茶葉を釜で炒ったあと、
じっくり天日に当ててうまみを引き出します。




<おもな効能>

血糖値・高血圧の抑制、解毒、抗菌、ほか



 
 
 


4.レモングラス - lemon grass





さわやかなうま味をもつ「レモングラス」。
西洋を中心にお茶として利用されたり、
東南アジアでは料理に使われるなど
洋の東西を問わず親しまれている素材です。






成長したすがたは雑草のカヤそっくりで、
自然栽培していると、ご近所の方たちが
善意でうっかり刈り込んでしまう事もあります。







収穫したあときれいに洗って選別し、
茎と葉の先端・根本を切り落として陰干しします。
切りおとした部分はレモングラスの株元に戻します。




<おもな効能>

健胃整腸、消化促進、リラックス、鎮静、ほか