tretre / トレトレ


 
 



1.しょうが- ginger


 
 

ブレンド名の「gingin(ジンジン)」は
しょうがの「ginger(ジンジャー)」から。
秋冬番茶やスイカズラからの
ほのかな甘みによくマッチします。






竹製の干し道具「えびら」に並べたところ。
空気のかわいた冬季を中心に
乾燥を進めていきます。







もちいるのは有機栽培されたもの。
とても手間のかかる栽培方法ですが、
独特の力強さを感じる味わいです。




<おもな効能>

血行促進、免疫力向上、殺菌、ほか



 



 
2.スイカズラ
- japanese honeysuckle



 


ほのかに甘みを醸しだすのは、
つる性の「スイカズラ」です。
冬でも枯れることなく緑の葉が残ることから
忍冬(にんどう)とも呼ばれます。






山の生活の中では、いわゆるやっかいな
雑木の一つです。
半日陰にグングンはびこるので、
「これ刈りとらんといてくださいね」と
山の皆さんへの説明が不可欠な植物です。







冬を耐えて葉が残るほどの生命力。
昔から薬にも利用されてきました。
名前は、甘い花の蜜を吸って楽しめる事に
由来するそうです(吸うカズラ)。




<おもな効能>

抗酸化作用、健胃整腸、高血圧・発熱抑制、利尿、ほ



 




3.秋冬番茶 - bancha





うまみのベースは、10月初旬〜中旬ごろに
収穫・加工する「秋冬番茶」。
昔から仁淀では、花が咲く季節に採ることから
「花茶」という美しい名前で呼んできました。






上の写真はお茶の花です。
秋から初冬にかけて、
白くて可憐な花がお茶畑を彩ります。







天日干しの風景です。
天日に当ててうまみを引き出し、
ブレンド前に焙じて香りを加えています。




<おもな効能>

血糖値・高血圧の抑制、解毒、抗菌、ほか



 
 



4.レモングラス - lemon grass





「レモングラス」はさわやかなうまみを
ブレンドに加えたくて選びました。

西洋を中心にお茶として利用されたり、
東南アジアでは料理に使われるなど
洋の東西を問わず親しまれている素材です。






成長したすがたは雑草のカヤそっくりで、
自然栽培していると、ご近所の方たちが
善意でうっかり刈り込んでしまう事もあります。







収穫したあときれいに洗って選別し、
茎と葉の先端・根本を切り落として陰干しします。
ひと手間ふた手間かけることで、
澄んだうまみを引き出すことができます。




<おもな効能>

健胃整腸、消化促進、リラックス、鎮静、ほか



 




 
5.シナモン - cinnamon


 
 

ブレンドにコクを加えるのは、
木の皮から採る「シナモン」です。
「gingin」には、シナモンのなかでも
スリランカ産をつかっています。



 



古来から東西の伝統医学に
よく用いられ、現在でもコショウなどと
ともにスパイスの代表格です。







強い甘みがあり、ごく少量を
ブレンドすることで「gingin」に
コクを加えることができます。




<おもな効能>

消化促進、抗菌、発汗、血行促進、ほか