tretre / トレトレ


 



 

1. ヨモギ- yomogi


 
 

ブレンド名「mogi(もぎ)」は
味わいのテーマである「よもぎ」から。
仁淀ではお菓子などに使うため、
春先は皆よく摘む野草です。






環境により香りや味わいに微妙な
差があるので、ブレンドによって
摘む場所をえらんで用いています。







「mogi」につかうよもぎは、
香りはもちろん、味わいがしっかりと
出るロットを毎年選んでいます。




<おもな効能>

健胃、腹痛止め、下痢止め、止血、ほか



 




2.釜炒り茶 - kamairicha


 
 

うまみのベースは「釜炒り茶」。
日本有数の茶どころである仁淀では、
煎茶はもちろん、香ばしくて味わいゆたかな
釜炒り茶も生活の中で飲み継がれています。






茶葉を摘むのは、独特の香りと
うまみを引き出すため、煎茶用よりも
すこし成長を進めてからです。







収穫した茶葉は、鉄釜と薪の火を使って
ゆっくりと炒り、その後じっくり揉んで、
最後は天日に当てて仕上げます。




<おもな効能>

殺菌、解毒、血圧降下、代謝向上、利尿、ほか



 




3.レモングラス - lemon grass





「レモングラス」は、よもぎの深いうまみに
さわやかさを加えたくて選びました。

西洋を中心にお茶として利用されたり、
東南アジアでは料理に使われるなど
洋の東西を問わず親しまれている素材です。






成長したすがたは雑草のカヤそっくりで、
自然栽培していると、ご近所の方たちが
善意でうっかり刈り込んでしまう事もあります。







収穫したあときれいに洗って選別し、
茎と葉の先端・根本を切り落として陰干しします。
ひと手間ふた手間かけることで、
澄んだうまみを引き出すことができます。




<おもな効能>

健胃整腸、消化促進、リラックス、鎮静、ほか



 


 

4.ペパーミント - peppermint


 
 

やわらかく爽快な香りも加えたいと考え、
「ペパーミント」をブレンドしています。
メジャーな洋ハーブの一つですが、
和の味わいにもしっかりマッチします。






ミント特有の生命力の強さがあり、
畑でグングンはびこります。香りは爽快で、
手摘み中はこの上ない心地よさです。







tretreではメントールの峻烈さに加え、
レモンのような酸味や香りを持つ株を
一株ずつ株分けして畑で育てています。




<おもな効能>

消化促進、乗り物酔い、不眠、
鎮痛、鎮静、ほか