tretre / トレトレ


 
 



1.ウコン - ukon


 
 

ベースの味わいは「ウコン」の葉です。
強肝のイメージが強い昨今ですが、
味わいも独特の強さがあります。






ブレンドにつかうのは葉の部分。
葉っぱに青さがなくなり、深みのある
黄色になった頃が採り頃です。







白い花を咲かせる「秋うこん」を
育て、初冬に葉っぱを採取します。
陰干しし、乾燥機で仕上げます。




<おもな効能>

強肝、健胃、胆汁、抗アレルギー、ほか



 



 
2.ハブ茶 - habucha


 
 

「ハブ茶」は、味に深みを持たせるために
選びました。収穫してよく揉み、
天日に当てて仕上げます。






晩夏のハブ草畑には一面に黄色い
花が咲き乱れ、目にも美しく夏から
秋への移ろいを感じさせてくれます。







香ばしく、深みのある味わいで、
ブレンドにはほんの微量だけ用いますが
その存在感の強さは抜群です。




<おもな効能>

便秘、利尿、胃潰瘍、ほか



 




3.秋冬番茶 - bancha





うまみを支えるのは「秋冬番茶」。
昔から仁淀では、花が咲く季節に採ることから
「花茶」という美しい名前で呼んできました。






上の写真はお茶の花です。
秋から初冬にかけて、
白くて可憐な花がお茶畑を彩ります。







天日干しの風景です。
天日に当ててうまみを引き出し、
ブレンド前に焙じて香りを加えています。




<おもな効能>

血糖値・高血圧の抑制、解毒、抗菌、ほか



 
 



4.ダイダイ- bitter orange



 

主張しすぎない程度の酸味で
野趣を和らげるのが「ダイダイ」。

橙色(だいだいいろ)の語源は、
ダイダイのよく熟れた果皮の
深いオレンジ色が由来なのだそう。






お正月のお飾りのイメージが強い
ですが、古くから「陳皮」として
漢方薬で利用されてきました。







酸味や苦味がとても強く、実を食すよりも
果皮を乾燥させてピールにしたり、果汁を絞り
ポン酢を作ったりする場合が多い柑橘です。




<おもな効能>

疲労回復、健胃、風邪予防、ほか



 




5.しょうが- ginger


 
 

ハブ茶とともにブレンドに深みを
持たせるのは「しょうが」です。






竹製の干し道具「えびら」に並べたところ。
空気のかわいた冬季を中心に
乾燥を進めていきます。







もちいるのは有機栽培されたもの。
とても手間のかかる栽培方法ですが、
独特の力強さを感じる味わいです。




<おもな効能>

血行促進、免疫力向上、殺菌、ほか




 




6.シナモン - cinnamon


 
 

ブレンドにコクを加えるのは、
木の皮から採る「シナモン」です。
「b&b」にはスリランカ産を用います。



 



古来から東西の伝統医学に
よく用いられ、現在でもコショウなどと
ともにスパイスの代表格です。







強い甘みがあり、ごく少量を
ブレンドすることで、味わいに
深み加えています。




<おもな効能>

消化促進、抗菌、発汗、血行促進、ほか