tretre / トレトレ



 
 



2017/9

クマザサ - kumazasa




今月ご紹介するのは、標高の高い
山に自生している「クマザサ」。

高知では、地域によっては健康茶
として飲み継がれていて、直販所
等で見かける事も多々あります。



 



上の写真は、標高1000mをこえた
あたり。あまり背高にはならず、
平面にはびこっていく植物です。







tretreでは、クマザサの味わいを
引き出すため、好相性のミントや
どくだみをブレンドしています。




<おもな効能>

便秘、高血圧、糖尿、ほか


<ブレンド商品>

●bear  - ベアー
●zasa  - ザサ





 




2017/8



 



青しそ - aoshiso



今月ご紹介するのは、ほとんどが
食材として使われる「青しそ」。

高知では「せいそう」とも呼ばれ
乾燥させてお茶として飲む習慣も
地域により根強く残っています。



 



収穫し、洗ってから陰干しします。
青しそは代々種取りして育てるので
無肥料無農薬でグングン育ちます。







ブレンドする時に気をつけるのは
青しその爽やかさを引出すこと。
少しの量でも存在感は抜群です。




<おもな効能>

健胃、整腸、鎮静、殺菌、
防腐、解毒、ほか


<ブレンド商品>

●b-con  - ビーコン
●bear  - ベアー
●so-so  - ソーソー





 




2017/7


 
 



タイマツバナ - taimatsubana



今月ご紹介するのは、花弁を使う
「タイマツバナ(松明花)」です。

その香りから「ベルガモット」とも
呼ばれ、満開の頃には濃厚な花香を
ただよわせるシソ科の多年草です。



 



標高の低い場所の畑では5月上旬、
標高が高い山上の畑では6月下旬頃
上の写真のような満開を迎えます。







香りが強いのでブレンドする量は
ごく微量にし、そっと花香を加え
茶味を和やかにまとめています。




<おもな効能>

リラックス、ほか


<ブレンド商品>

●gamot  - ガモット




 




2017/6


 
 



山茶 - yamacha



今月ご紹介するのは、お茶の中でも
山中に自生している「山茶」です。

「自然茶」とも呼ばれ、現在主流の
品種「やぶきた」に比べて、力強く
野性味ある旨みが特徴のお茶です。



 



お茶畑と聞くと、うねを蒲鉾型に
そろえた畑を連想しますが山茶は
株ごとに独立して生えています。







現在「山茶」は主に「釜炒り製法」で
製茶されています。香ばしさの中に、
野に生きる強さも感じる味わいです。




<おもな効能>

殺菌、解毒、血圧降下、代謝向上、利尿、ほか


<ブレンド商品>

●和はっか  - wa-hakka




 




2017/5

 
 
 



レモンバーム - lemon balm



今月ご紹介するのは、ハーブティーと
して代表的な「レモンバーム」です。

和名を「セイヨウヤマハッカ」といい
ミントなどと同じくシソ科の植物で、
ほのかなレモンの香りが魅力的です。



 



ハーブティーとしては、フレッシュの
リーフが飲まれることが多いのですが
tretreではドライリーフを使います。







<おもな効能>

鎮静、不眠、食欲不振、抗菌、ほか


<ブレンド商品>

●ビーコン  - b-con




 




2017/4


 
 



すぎな - field horsetail



今月ご紹介するのは、3月頃から畑に
顔を出し始めてくる「すぎな」です。

春先からあぜ道などでよく見る草で、
昔からお薬の代わりにしたり、お茶に
ブレンドして飲まれてきた植物です。






つくしが胞子茎、すぎなが栄養茎。
つくしのすこし後に顔をだします。
摘んだ後は陰干しで乾燥させます。







畑をする人にとっては厄介な雑草で、
なんと別名は「地獄草」。畑をすこし
放っておくとミント畑もこのとおり。







<おもな効能>

去痰、消炎、止血、腎臓、ほか


<ブレンド商品>

●ビーコン  - b-con




 




2017/3


 
 



ペパーミント - peppermint



今月ご紹介するのは、メントールの
峻烈さが特徴の「ペパーミント」。

これもメジャーな洋ハーブの一つで
ハーブティーや香辛料、また精油を
採りアロマオイルにも利用します。






他のミントと同じで生命力が強く、畑で
グングンはびこります。香りは爽快で、
手摘み中はこのうえない心地良さです。







tretreではメントールの峻烈さに加え
レモンのような酸味や香りを持つ株を
一株ずつ株分けし畑で育てています。




<おもな効能>

消化促進、乗り物酔い、不眠、
鎮痛、鎮静、ほか



<ブレンド商品>

●ザサ  - zasa
●モギ  - mogi
●ビーコン  - b-con





 




2017/2


 
 



スペアミント - spearmint



今月ご紹介するのは、爽快な香りと
味わいが特徴の「スペアミント」。

とてもメジャーな洋ハーブの一つで
ハーブティーはもちろん、洋菓子や
お酒など幅広く利用されています。






アップルミントや和ハッカと
同じでとても生命力がつよく
畑にグングンはびこります。







tretreでは、メントール感よりも
山の葉の爽やかさを引き立たせる
添え味の役割でもちいています。




<おもな効能>

消化促進、リフレッシュ、ほか


<ブレンド商品>

●カミツレ  - kamitsure




 




2017/1


 
 



ウコン - ukon



今月ご紹介するのは、イモが
生姜に似た「ウコン」です。

呑む前に飲む、などと強肝の
イメージが定着していますが
味は独特の強さがあります。






tretreがつかうのは葉の部分。
葉っぱに青さがなくなり、深い
黄色になった頃が採り頃です。







白い花を咲かせる「秋うこん」を
育て初冬に葉っぱを採取します。
陰干しし、乾燥機で仕上げます。







<おもな効能>

強肝、健胃、胆汁、抗アレルギー、ほか


<ブレンド商品>

●b&b  - ビーアンドビー
●yellow  - イエロー